洗濯干すの嫌いなんです

Pocket

 

 

家族より早起きをして
洗濯ものをベランダで干す。

ふわぁっと香る石鹸の香りに
日常を過ごせている平和な時間に幸せを噛み締める

 

そんな 主婦像を思い描いてました。わたくし。

 

そのころは専業の想定ですが、共働きでもおそらくしてる人はいるはず
それなりに穏やかな洗濯時間を・・・。

 

 

現実は

たまった洗濯カゴ見て 「あ~洗濯しな」と思いながら洗濯し
同時進行で掃除や食事の支度をし 洗濯物 の存在を忘れ
あ!と気づいて慌てて干す夜

 

寝る前に干そうと回した洗濯物。
娘と寝落ちし、朝ちょっと乾きはじめ湿った洗濯物とご対面・・
げんなりな朝のスタート
もしくは、トホホと干す夜中

 

私嫌いなんです、洗濯物
そんな私は
いかに手を抜いてそれなりにちゃんとできるか
ストレスをいかに日常から少なくするかを考え伝えてる整理収納ADであります。

 

試行錯誤している中
画期的な干し方を入手!(これまた江川恩師のブログより盗みました♪先生のブログ はこちら

 

そもそも なぜ洗濯物が嫌いか。

 

洗い物のように汚れ⇒ピカピカ達成感が感じれない
乾いたら畳むものを干す手間が無駄な気がして仕方がない

 

大きくはこの2点!
(カラータイプ的な視点で言えば決断タイプの要素が影響だな)

 

大きく言うてますが、実際干す服は娘が90%なんですけどね。

 

え?私の服は?
え?主人の服は? 洗濯してないの?て?

 

ちゃんと洗濯してますよ!笑

 

私、畳むものをわざわざ手間と時間かけて干して、手間と時間かけて畳むのが嫌なので畳むこと止めたんです。
私の衣服の大半はハンガー使用に変更!よって洗濯したらハンガーに干してそのままクローゼット!

 

畳まない!

 

主人はハンガーのラインと服の肩のラインが一致して干されてないと嫌らしい
微妙にずれるこの位置にハンガー合わせるのがストレスすぎる私は
了解を得て 洗濯乾燥 に。

 

干さない!

 

ということで、干して畳むのは ほぼ娘のもののみ。
娘はハンガーが苦手らしい。
畳むことの方が好きなので そこは娘を尊重して畳んで/畳んでもらい収納してます。

 

それでも干して畳むのが億劫な私はなんとかもっとラクができないか

 

特に、靴下・給食のマスク・小さいもの
これがチマチマしてて苦手。
靴下とか二足合わせて片面ずつそろえて挟む作業とか苦手

苦手というよりただ単に面倒で嫌い

 

それが・・・・解消!!!!!!!!!

 

もう干しません!

 

ここに ポイポイポイといれて終了!!

 

ブラボ~~~~~~

 

こちら 3coins で購入。

300円で日々のプチイラから激的に開放されたら良くない?
本来はニット等を干すネットなのですが、ここに靴下・マスク・下着まで

ポイポイポイ

 

専用アイテムを所有することで場所も手間も取るのが嫌なのですが
これは私的に価値あり。

こんなデカイもの収納できません! て始めは思ってたのですが、そんなはずないよねコンパクトに収まるんですよ。

 

私の顔がちょっと隠れるぐらい?

あ、小さくはないけど 広がってること思えばコンパクトでしょ♪

 

 

毎日丁寧に家族の洗濯物を干して畳む

 

その姿に今も憧れますが、カラータイプを通じて向いてない・続かないことをよ~く理解したので、無理をしないことにしました。

 

お片付けや収納にはいろんな方法やノウハウがありますよね。
グッズもたくさんあるし、本もたくさんある。

どれもがみんなにあう物や方法ではないんですよ

まず自分の性格や家族の性格を知って、お片付けしてみるとうまくいかなかったことがうまくいくかも

 

私はどう?
と気になる方 聞いて♪

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です